top of page
  • 執筆者の写真WKA 株式会社

2023年の助成金を振り返る:働き方改革推進支援助成金

皆様、今年も一年間大変お疲れさまでした。年の瀬も迫るこの時期に、2023年を振り返りながら、来年への準備を進めるのにふさわしい時期かと存じます。


弊社の助成金研修支援サービスをご活用の顧客様にお配りしている毎月の「ちらし」。そのバックナンバーを振り返りながら、今年度特に人気のあった助成金について振り返っていきたいと思います。



建設業の経営者向けの助成金に関するちらし

Vol.2023年9月号


今年、政府は働き方改革をさらに推進するため、様々な助成金を用意しました。その中でも特に注目されたのが、『働き方改革推進支援助成金』です。この助成金は、従業員のワークライフバランスの向上や、労働環境の改善を目指す企業にとって、非常に有益な支援となりました。


当社でも、多くのお客様にこの助成金の申請支援を行い、支給決定まで降りた企業様からはお喜びの声をいただきました。また、助成金に伴う労務・業務上の改善内容については、その成果を徐々に実感していただいるところです。


働き方改革推進支援助成金は、①労働時間適正管理推進コース、②労働時間短縮・年休促進支援コース、③適用猶予業種等対応コース、④勤務間インターバル導入コース、⑤団体推進コースと全部で5種類のコースに分かれており、ちらしは③の適用猶予業種等対応コースという、2024年4月1日~の法改正に伴い設立されたコースでした。


助成金は、政府の推し進める政策に沿った内容はもちろん、ちらしのように法改正に伴って新設されるコースも様々あります。


2024年は他にも労務上、実際に処理・対応が必須となる法改正が様々ありますので、ご契約いただいた皆様には、ちらしやメルマガを通していち早くお伝えしていければと思っております。


来年も引き続き株式会社WKAをどうぞよろしくお願いいたします。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page